4月13日(土)みやぎの明治村 撮影会【終了】

参加モデル

おちゃそ👑

おちゃそ👑

ひな👑

ひな👑

藤山るか👑

藤山るか👑

八海 杏奈 (杏ちゃん)🆕🔰

八海 杏奈 (杏ちゃん)🆕🔰

イベント情報

場所:みやぎの明治村

http://toyoma.co.jp/tourist-info/

時間:10:00-16:00

■個人撮影■

第1部:10:00-11:10(70分➡10分)
第2部:11:20-12:30(70分➡60分)
昼休憩

第3部:13:30-14:40(70分➡10分)

第4部:14:50-16:00(70分➡終了)

※雨天開催

※開始時間が多少前後する可能性がございます

みやぎの明治村とは

みやぎの明治村「登米町(とよままち)」とは

みやぎの明治村「登米町」は宮城県北東部にあり、町の中央を東北の大河北上川が流れ、東に北上山地、西にはお米のササニシキ・ひとめぼれのふるさとである豊かな田園地帯が広がる静かな町。

仙台伊達藩の一門として、13代約300年にわたり、二万一千石の城下町であった。歴代の当主は北上川の川筋を変えるなど数多くの事業を興し、民生の安定に努め明治維新後は北上川を利用した舟運による米穀の集散地として繁栄した。廃藩置県により登米県・水沢県の県庁所在地になったが、その後宮城県に統合された。明治6年、寺池村・日野渡村・日根牛村を合わせて登米村が構成され、また明治22年町制施行によって登米町が発足。

町には、教育資料館(国重文:旧登米高等尋常小学校)や警察資料館(県重文:旧登米警察署庁舎)のハイカラな洋風建築物、廃藩置県当時に置かれた水沢県庁記念館(旧水沢県庁庁舎)や重厚な蔵造りの商家など、明治を偲ばせる建物が現存している。また、少し横道に入ると藩政時代の武家屋敷や史跡が随所に残っており当時の面影を今に伝えている。それらの町並みから登米町は「みやぎの明治村」と呼ばれている。

「登米」と書いて読み方が異なる「トヨマ」と「トメ」

『続日本紀』に「宝亀5年陸奥国遠山村」の記述があり、国語学者大槻文彦氏は著書『復軒雑纂』(1902年)の中で「続日本紀の宝亀5(744)年10月の条に見えた、蝦夷の巣窟陸奥国遠山村とあるが、後の登米郡の地であろう。遠山村はもとより蝦夷語の当て字であろうが、遠山は「トヨマ」の同音である。」と述べており、このことから「遠山」が「トヨマ」の語源であるとされている。

また、「トヨマ」を「トメ」と呼ぶようになったのは、『復権雑纂』に「今”トメ”など言うは、維新後に他国より来し県吏など百姓読みせしに起れり、往時は、さる称呼せし者一人もなかりき。」とある。明治の初めこの町が登米県・水沢県の県庁の所在地となって地名の呼び方もわからない県庁職員が多数往来したので”トメ”と呼ぶようになったのであろうと言われている。

町内の施設名称は、市町村合併後も町内にある小中学校の読み方は変わらずトヨマ小学校・トヨマ中学校と読み、国・県の施設に関しては、宮城県立トメ高等学校・仙台地裁トメ支部・仙台法務局トメ支局・宮城県トメ警察署と使い分けされている。

※公式HPから引用

※撮影会には別途許可が必要(許可取得済)

 

利用規約」もご参加前に必ずご確認ください。
※同意の上、ご参加ください。

■集合場所■
現地集合
集合場所の詳細は、前日までにメールでご連絡いたします。

■個人撮影とは?■
モデル1人に対しカメラマン1人のマンツーマンスタイルで、カメラマン主導で好きな場所を指定して、自由に撮影していただきます。撮影終了時間までに、集合場所に戻ってきてください。 

◆お知らせ ◆

※入館料は各自ご負担ください。(モデルの入館料は不要です)
※館内でのストロボは使用禁止となっております。(外での使用は可能)
登米懐古館高倉勝子美術館での館内の撮影は禁止となっております。(外観などの撮影は可能です)

ーハイカラさん着付け体験ー

※希望される方は各自ご予約をお願い致します。(早めのご予約をおすすめします。)

教育資料館にて4月~11月までのシーズンの間、受付時間は10時~14時まで。
※7月~8月は夏季仕様でないため休止いたします。
不定期実施のためお電話でご確認の上お越しください。

イメージ画像

注意事項

【注意規約】
・お電話・FAX・メールなどで事前に撮影日時、場所等のご予約をお願いいたします。 ご希望の日時での撮影をお受けできない場合もありますのでご了承ください。
・武家屋敷「春蘭亭」については入場料はかかりませんが、歴史資料館等での撮影には入館料が発生し ます。
・登米懐古館・高倉勝子美術館内は撮影禁止です。
・各施設の開館時間は9時~16時30分ですので、撤収時間も含めて時間内に退出してください。
・伝統芸能伝承館「森舞台」内、舞台・見所での撮影で使用する際は別途施設使用料がかかり、事前の 施設利用申請書が必要となります。また、舞台は足袋の利用が原則となり、万が一靴での撮影であれば 養生などをしていただく必要がございます。
・施設内での飲食は禁止です。
・貴重品はご自分で管理してください。紛失、盗難がございましてもこちらでは一切の責任を負いませ ん。それ以外のお荷物等は、とよま観光物産センター遠山之里内インフォメーションにてお預かり可能 です。(コインロッカーはございません)

【衣装、小道具規制】
・露出が著しく公然わいせつ・軽犯罪法に該当する可能性のある衣装は禁止します。
・ナイフ、真剣、発射可能なモデルガン、鎌、アイスピックなどの刃物、危険物などは禁止します。
・長物などの危険物を模した道具をご使用の際は、自らの背丈より高く掲げたり、振り回したりする行 為は禁止です。また、このような道具をご使用の際、安全確保の視点からスタッフより質問、ご注意さ せていただく場合がございますのでご了承ください。
・本物と見間違えるような、軍服、警察官、消防士、ガードマン等の制服は禁止といたします。
・各施設内はスリッパに履き替えとなりますが、靴での撮影の場合靴裏を綺麗にするなど配慮してくだ さい。また、スパイクなど靴裏に金属製の物が付いているような、施設を傷つける恐れのある靴は禁止 です。
【行動規制】
・特定の更衣室はございませんが、場合によりお貸しできるスペースがありますので、当日受付の者か ら指示を受けてください。
・撮影する際、他のお客様が映り込まないよう配慮してください。
・他のお客様のご迷惑にならぬよう、同じ場所の長時間占有はご遠慮ください。
・各施設の壁や床、展示物などの備品破損については代償金等を請求させていただきますのでご了承く ださい。
・コスプレのままでの来退館はご遠慮ください。
・明らかに露出目的や他のお客様に不快感を与えるような撮影は禁止です。

参加方法

下記より、参加希望のものをお選びいただき、チケット販売ページにおすすみください。
 ※銀行振込、当日現金支払い 参加方法は共通
※当日現金支払いの場合は手数料として1,000円/日頂戴いたします。
※当日支払いの方が複数部ご予約して頂いても手数料は「1000円/日」です。

※既に支払済みで、追加で当日支払いの場合は手数料は必要ございません。
※同一モデルの複数部ご予約の制限はございません。

 周辺地図

とよま観光物産センター
遠山之里

〒987-0702

宮城県登米市登米町寺池桜小路2

ホームページ

http://toyoma.co.jp/